メガソーラーのメリット

現在、日本の太陽光発電の多くは一般住宅で行われています。
そのような中、さらなる太陽光発電普及に向けた動きとして注目を集めている、
使用していない土地、工場屋根などを使った大規模太陽光発電をメガソーラーといいます。

メガソーラーのメリット

土地の有効活用から環境保全まで、メガソーラーのメリットは多彩です。

CO2排出ゼロで、環境にやさしい。

CO2排出ゼロで、環境にやさしい。

現在、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量は、増加の一途をたどり、環境問題への取り組みが課題となっています。しかし太陽光発電は化石燃料を使用しないため、発電の際にCO2などの温室効果ガスを排出しません。また、太陽光を利用するため資源を使い果たすことも無く、環境に配慮した地球にやさしい電力づくりが可能です。

安定収益を確保して経営に生かせる。

安定収益を確保して経営に生かせる。

工場やオフィスビルなど既存の建物の屋上や屋根、使っていない敷地を利用して設置できますので、導入段階で無駄な費用をかけなくて済みます。加えて、「再生可能エネルギー特別措置法」が成立し、再生可能エネルギーで発電した電気の全量を高単価で買い取る仕組みが出来上がったため、少ないリスクで長期的かつ安定的に収益をあげることが可能になり、収益事業として注目を浴びています。

災害時などの非常電源を確保。

災害時などの非常電源を確保。

電力の安定供給体制が揺らいでいる中、災害・計画停電などによって停電が起こった場合でも、昼間であれば太陽光発電による電力を使用することができ、事業活動を全停止することが防げます。さらに蓄電池と組み合わせれば、夜間でも電力を確保することができます。

企業イメージを高める。

企業イメージを高める。

CO2削減が現代の課題として挙げられる昨今、太陽光発電はCO2を排出しない、環境にやさしい発電システムとしても魅力的です。エネルギーの再利用、環境保全や理想の社会貢献に取り組む積極的な姿勢をアピールすることで、社会的に高い評価を受け、企業のイメージアップにもつながります。

遊休地の有効活用に最適。

遊休地の有効活用に最適。

こちらは、メガソーラーに注目が集まっている大きな理由のひとつでもあります。普段活用されていない敷地をはじめ、工場やゴルフ場の跡地なども用地としては適しています。つまり、様々な遊休地を所有している企業や土地オーナーの方にとって、これまで使用用途がなくて使い道に困っていた土地を有効活用することができるようになります。